こどものお片づけ教育

子どものお片づけ教育の目的

 

自分で考え自分でお片づけができる

人・モノの気持ちを考え大切にできる

判断すること・工夫することができる

生活や時期の節目には自分で整理することができる

大人になり、頭の整理やお部屋の整理が自分でできる

 

生きる力の基礎でもあるお片づけ

 

幼児期の柔軟さを活かし

小さな子どもたちでも

お片づけができる仕組みをつくります。

 

そして

日々おもちゃの気持ちを

理解できるような声掛けを繰り返し

お片づけのタイミングに声掛けしていきます。

お片づけの歌

お片づけ先生が作詞した

「おもちゃのきもち」

お片づけのタイミングにお子さんに聴かせてください♪

お片づけのタイミング

①寝る前

②出かける前

③食事の前

理想はこの3回と言われています。

まずは①から確実にできるようにしていきましょう♪

1日1回「このタイミングだけはお片づけをする!」と決めることが大切です。

①寝る前 寝る前にお部屋をリセットすることで翌朝気持ちよくスタートすることができます!
②出かける前 疲れて帰宅した後でも遊びや勉強もご機嫌ですることができます!
③食事の前 食後にバタバタすることなくのんびり過ごすことができます!

 

子どもへの声掛け方法

モノの気持ちを代弁して

自主的に行えるように声を掛けましょう。

 

親が怒るからお片づけをするのではありません。

また使いたいときにすぐ使えるよう

お部屋の中で気持ちよく過ごすために

モノを大切に保管するために

 

この目的を

お子さんにわかるように伝えてあげましょう♪

「おもちゃをお家に戻す時間だよ~♪」

子どもが自分で簡単にお片づけができる収納のつくり方動画

 

お仕事させていただいた企業様

 

お問合せ

 

子どものお片づけ教育プラン

 

無料お見積りのお申込み

 

 

PAGE TOP